葉酸サプリの吸収率の違い

葉酸サプリの吸収率の違い

葉酸サプリに使われる葉酸には、モノグルタミン酸型とポリグルタミン酸型があります。

 

葉酸サプリを選ぶときは、どちらの葉酸なのかに気をつけましょう。

 

モノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン酸型葉酸では吸収率が違います。

 

吸収がよいのはモノグルタミン酸型葉酸です。

 

ポリグルタミン酸型葉酸の吸収率は50%しかないといわれていますが、モノグルタミン酸型葉酸は90%以上の吸収率です。

 

妊婦が1日に必要な葉酸は400μgです。

 

同じ400μgを配合している葉酸サプリでも、ポリグルタミン酸型だと200μgしか吸収できません。

 

葉酸は胎児の成長に欠かせない栄養素で、不足すると先天性異常のリスクが高まります。

 

健康な赤ちゃんを産むために葉酸サプリを飲んでいたのに、しっかり吸収されておらず十分な量が摂れていなかったため胎児に影響を与える可能性があるのです。

 

モノグルタミン酸型なら400μgしっかり吸収されます。

 

厚生労働省が推奨しているのはモノグルタミン酸型葉酸です。

 

サプリメントによってはモノグルタミン酸型なのかポリグルタミン酸型なのか記載されていますが、記載されていない場合はメーカーに問い合わせてみるといいでしょう。

 

ポリグルタミン酸型葉酸を配合した葉酸サプリを飲む場合は、食事からの葉酸摂取に気をつける必要があります。

 

危険な欠乏症を避ける葉酸サプリ

 

日本人の食生活も大きく変化していますが、特に野菜を食べるという習慣は人によっては非常に偏りがちになります。

 

そのため健康面や美容面でも問題なのは言うまでもありませんが、特に問題視されるのが妊娠中の栄養素です。

 

妊娠中には様々な栄養素が必要になりますが、中でもよく報告されるのが葉酸欠乏症と呼ばれるものです。

 

名前の通り葉酸が欠乏している状態を指すのですが、この葉酸は妊娠中の女性には特に重要なものです。

 

葉酸は赤ちゃんが健康に発達するためには必須の栄養素で、神経管閉鎖障害のリスク回避のためにも厚生労働省で推奨しています。

 

しかし、こうした葉酸は野菜に多く含まれるので、食生活が偏った方では特に葉酸が欠乏してしまい、生まれてくる赤ちゃんにも母親にも大きなリスクを持った出産になってしまいます。

 

そこで注目されているのが葉酸サプリです。

 

もちろん栄養素は日々の食事から摂るのが望ましいのですが、葉酸は非常に壊れやすく、また妊娠中は普段の二倍の摂取量が必要なので、一日三食健康な食事を続けても推奨値を摂取するのが難しいというのが実情です。

 

そのため効率的にかつ継続的に葉酸を摂取するために、妊娠中の方には葉酸サプリが非常に強い見方になっています。